【Before & after】食品の無駄買いを防ぐための収納のポイントと買い方の工夫

こんにちは。沖縄も梅雨らしく毎日雨ですねー^^

昨日は肌寒くも感じました。もうすぐあの本格的な暑さがやってくるのが信じられません(笑)

 

先日キッチンの整理収納サービスをさせていただきました^^

 

お客様曰く買い物をして家に帰ったらまだあるのに同じ物を買ってしまったという食品や日用品の無駄買いを無くして、スッキリ分かりやすく収納したい。

という要望がありました☆

食品の無駄買いを無くすためのポイント。

 

一見そんなに散らかって見えるキッチンではなく、物も多い様に感じませんでした。

実際にお客様も物やゴミを増やさない様に、ペットボトルをなるべく買わないとか、引き出物のコップでも使うものだけ出していたりと気を使われていました!✨

ただ収納が難しいということでしたので見させてもらうと、食料品やよく使う日用品などが2〜3箇所に直置きであったりしました。

なので、収納のポイントとしては

  • ストック食品は1箇所にまとめる
  • 日用品、調味料なども場所を区別して迷子にならない様に。
  • カゴなどを用いて物の量を管理する

Before

after

左の写真は流し台の下に掃除道具や日用品消耗品を置きました。

掃除道具はすぐ手前に置いて取り出しやすく。

中央の写真は調味料置き場としてまとめました。だしの素など細かい調味料はカゴにまとめています。

右の写真は食器や食品が混ざっていたので食品ストックとしてまとめています。

上段(ふりかけなどの細かい食材をカゴにまとめたもの、お菓子類)

中段(インスタントラーメンや缶詰と更に分類して分かりやすく)

下段(お水やお米など重い物)

片付けの流れはいつもの様に物を全て取り出します。

不要な物、迷う物は1年以上使っていないか?他の場所で代用できないか?など一つ一つの物と向き合ってから収納していきました。

物は少ないと思っても、全部出してみると何年も使っていない物があったり、存在そのものを忘れている事も多いので必ず最初の片付けは全部出して手にとって判断します😌

分別は大変だけどそのおかげで収納はほとんどあるもので済ませられました。

使うものだけにすると物が出ていてもスッキリ見えるから不思議です♪

お客様の声です↓☺︎↓

写真、アンケート共に掲載の許可をいただいております。 ありがとうございます!

お客様、ご家族にも喜んで頂けて本当に嬉しく思います✨

月に一度の買い物リストで更に無駄買いを防ぐ事ができる

 

収納で分類するのも大切ですが、定番の食料品や日曜消耗品は月に1度まとめて買うのも無駄を更に省く事ができます♪

ポイントは毎月の適量を知ってから1ヶ月分の量だけ買う事です♪

在庫数とあるのがわが家で1ヶ月持つ数です。例えば柔軟剤は1週間で一つ使い切る事が多いので4つがわが家の適正量になります。

醤油やマヨネーズなどは直接残量を確認して足りなそうなら買い足しておきます☺︎

適切な量を知る事で買い過ぎを防いだり、急に切れたから買いに行くとか、切れたものだけを買いに行くなどは無くなり、毎日の食品だけ買いに行けばいいのでラクになりました♪

 

最初は作るのがちょっと面倒なのと、月に1回は沢山買いに行くことになりますが、一度買っておけば後は普段の買い物だけ気にすればいいので買い物がラクになりました^^

特に買い物は週に1回くらいしか行かないという方にもオススメです☺︎

食品ストックや日用消耗品を無駄に買いがち…という方は是非お試しください♪

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。